六弦夜唄・14

DSC_0282~2.jpg

終演後。

出演者五人で八番町の飲み屋へ。

井口は新潟市民だが、ヨースケ兄さんとアサノとりょーちゃんは秋田人。



会ったら話そうと思っていた事は山ほどあるが。

実際に山ほど話したけれど。







ハロスの草階の兄弟も、五城目の兄弟も、上越の兄弟にしてもそうだけれど。

会って顔見たら、9割満足なんだよね。離れて暮らしているけれど、兄弟だから。



それが嬉しい。その分かりきった嬉しさの為に、いい大人が時間と距離と金を無視して、身体に鞭打ってカッコつけている。

通信網やらテクノロジーやらが発展しまくった世の中だけれど。



アナログな、この繋がりが、激マブだ。







顔見りゃ安心して9割満足して。

残りの1割は何杯飲んでも、夜通し語り合っても、事足りない。

それが良いのだ。こんな贅沢は無い。



打楽器師のアサノに至っては、メールすら返さないが。

だからとて。信頼している兄弟の一人である事に、1ミクロンも揺るぎは無い。でもアサノ、メールは読んだらちゃんと返せ。







りょーちゃんは井口と似ている。寡黙で静かだが熱くて、変態だ。

ヨースケ兄さんは言いたくないが天才で、大吾の知能指数では計れない。でも。数少ない大吾の愛する兄貴分な事に、1ミクロンも揺るぎは無い。



大吾の井口と大吾のヨースケ兄さんが、目の前でイチャイチャしてるのはちょっとアレだが。

クールが売りの大吾さんがジェラシーを隠しきれないそのギャップも、また堪らないだろ?でしょ?ですよね?



おかげ様で、良い夜だった。良い唄会だった。本当にありがとう。







と、お前らが言え。








本日の逸品・燻りがっこのタルタルソース




20

コメント